糖尿病
一つ前に戻る

すい臓のランゲルハンス島で生成されるインスリンというホルモンによって、血液中の糖分が細胞に摂り込まれるはずが、インスリンが正常に分泌しなくなることや、その受容体が異常をきたすことによって起こります。
実はこのすい臓のランゲルハンス島細胞や受容体も、活性酸素の攻撃に弱く、障害を受けやすいのです。
この活性水素が電子を与えることにより、過剰に放出された活性酸素と結び付いて、無害な水に変えることで、インスリンや受容体が正常に機能し、糖尿病の症状が改善すると考えられています。



一覧ページに戻る


横浜市旭区鶴ケ峰本町2-1-3パレドール鶴ケ峰6F
TEL:045-953-1724   FAX:045-953-1725   E-mail: info@yseco.biz





一つ前に戻る

▲To Page Top