活性水素には治療効果があるといわれるが
一つ前に戻る

九州大学の白畑教授の仮説によれば、
水素が原子状態になることによって、電気的に不安定になり、様々な病気の原因となる活性酸素と活性水素が結びつき、無害な水(H+O=H2O)となり体外へ排出されるということです。体内毒の活性酸素群は、その種類により異なりますが必要な数の水素(電子)を与えられると水になります。
ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質も、活性酸素に自らの水素(電子)を与えられることによって、無害な水にしています。
オゾンや殺菌、脱臭に関する情報!

オゾンを利用した脱臭装置・殺菌装置の設計導入事例では、オゾン発生装置やオゾン発生器を使用したHACCPに対応した衛生管理の使用導入例を解説しています。

使用導入例として、【ホテル客室】ホテル客室での前泊のお客様の残した臭いを分解。【カラオケボックス】カラオケボックス内での喫煙対策と壁の黄ばみ防止や脱臭。【パチンコ店・デパート】パチンコ店やデパートなど人の集まる公衆施設、大型遊技場などでの悪臭対策。【老人ホーム】老人ホームでの悪臭対策&院内感染対策。【給食センター】給食センターなどの食品加工工場での浮遊菌対策。【レストラン・厨房】ホテルやレストランの厨房やスーパーマーケットのバックヤードでの浮遊菌対策などがあります。



活性水素水やオゾンなどの情報ページに戻る


横浜市旭区鶴ケ峰本町2-1-3パレドール鶴ケ峰6F
TEL:045-953-1724   FAX:045-953-1725   E-mail: info@yseco.biz





一つ前に戻る

▲To Page Top