活性水素には治療効果があるといわれるが
一つ前に戻る

九州大学の白畑教授の仮説によれば、
水素が原子状態になることによって、電気的に不安定になり、様々な病気の原因となる活性酸素と活性水素が結びつき、無害な水(H+O=H2O)となり体外へ排出されるということです。体内毒の活性酸素群は、その種類により異なりますが必要な数の水素(電子)を与えられると水になります。
ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質も、活性酸素に自らの水素(電子)を与えられることによって、無害な水にしています。



<<情報ページ一覧に戻る


横浜市旭区鶴ケ峰本町2-1-3パレドール鶴ケ峰6F
TEL:045-953-1724   FAX:045-953-1725   E-mail: info@yseco.biz





一つ前に戻る

▲To Page Top