高血圧
一つ前に戻る

活性酸素が、体内の不飽和脂肪酸と結び付くと、どろどろとした過酸化脂質に変化し動脈内部に付着し動脈硬化の進行が進みます。その結果、血液がスムーズに流れない、高血圧となります。
この活性水素が電子を与えることにより、過剰に放出された活性酸素と結び付いて、無害な水に変えることで、不飽和脂肪酸が活性酸素と結合し過酸化脂質になるのを防ぐことができると考えられています。



一覧ページに戻る


横浜市旭区鶴ケ峰本町2-1-3パレドール鶴ケ峰6F
TEL:045-953-1724   FAX:045-953-1725   E-mail: info@yseco.biz





一つ前に戻る

▲To Page Top